診療内容

症状について

方針イメージ

耳の症状

  耳が痛い、耳がかゆい、聞こえが悪くなった、耳がふさがる感じ、何か入っている感じ、めまいがする、ゆれる感じがする、耳だれ、補聴器を作りたい など

鼻の症状

  鼻水がでる、鼻がつまる、くしゃみ、鼻血がでる、鼻がにおう、においがしない、鼻が痛い など

のどの症状

  のどが痛い、何かつまっている感じ、せきが止まらない、のどがいがらっぽい、舌が痛い、舌がしみる、味がわからない、魚の骨が刺さった など

声の症状

  声がかれる、声がでない、歌い声がかすれる、高い声で歌えなくなった、声がひっくりかえる、話すとせきがでる、何かつまったかんじ など

その他

  首にしこりができた、首の前がはれている、耳の下がはれた、頬(ほほ)がはれた、頬が動かなくなった、耳・鼻に異物を入れた など

 

耳鼻咽喉科の病気について

  • 耳垢栓塞、外耳炎、外耳道湿疹、外耳道異物、鼓膜外傷、急性中耳炎、慢性中耳炎、滲出性中耳炎、耳管狭窄、耳管開放症、顔面神経麻痺、突発性難聴、メニエール病、良性発作性頭位めまい症、前庭神経炎、聴神経腫瘍、中耳癌など。
  • 普通感冒、急性鼻炎、慢性鼻炎、アレルギー性鼻炎、血管運動性鼻炎、花粉症、鼻出血、副鼻腔炎(蓄膿症)、鼻中隔彎曲症、鼻茸、上顎癌など。
  • 咽喉(のど)

    かぜ、急性咽頭炎、急性扁桃炎、扁桃周囲膿瘍、扁桃肥大、急性喉頭炎、急性喉頭蓋炎、口内炎、咽頭癌、異物誤嚥など。
  • 音声障害(声の異常)

    急性喉頭炎、反回神経麻痺、喉頭癌、喉頭乳頭腫、声帯ポリープ、声帯結節、ポリープ様声帯、音声衰弱症、機能性発声障害、変声期障害、痙攣性発声障害、喉頭肉芽腫など。
  • その他 甲状腺腫瘍、耳下腺腫瘍、耳下腺炎(おたふくかぜ)、顎下腺炎など。

FAQ よくあるお問い合わせ

花粉症とかぜの症状はどのように違いますか?

花粉症の主な鼻の症状は、くしゃみ、鼻水、鼻づまりです。くしゃみがひどい人、鼻づまりがひどい人など、いずれかの症状が強く現れることもあります。この症状だけをみると、かぜの引き始めや他の鼻の病気と間違われることが多く、市販のかぜ薬や鼻の薬を飲んでもなかなか治らないことになります。しかし、症状の出方が微妙に異なります。一番の違いは、かぜの症状は数日でくしゃみが止まり、水っぱなが粘っこく青っぱなになりますが、1~2週間でよくなることが多いのに対して、花粉症の症状は同じような症状が長引きます。かぜでは発熱、のどの痛み、せき、たん、全身の筋肉痛なども伴います。ただし、花粉症でも花粉の飛散量が非常に多い時には“枯草熱”とよばれる発熱や、頭痛、だるさを伴うこともあり、せきが続くこともあります。かぜかな?と思ったら自分で判断せずに早めに耳鼻咽喉科で診察を受けるようにしましょう。


スギ花粉症の舌下免疫療法はやってますか?

当院では行っていません。舌下免疫療法はスギ花粉から抽出した”シダトレン”というエキスを毎日、舌の下に含み飲み込みます。これを2年から3年続けることが推奨されています。間違いなくスギ花粉で花粉症を起こしていることを確認して行わないと効果が期待できず、アナフィラキシーといって、全身にじんましんが出たり、血圧の低下で入院が必要になったりという副反応の可能性もあり、注意が必要です。β阻害薬を使っている方、重度の喘息の方、妊娠中の方、膠原病でステロイド使用中の方は適応になりません。日本では歴史も浅く、効果ははっきりしませんが、18ヶ月間の使用で花粉飛散ピーク時にほとんど薬も必要なく非常に軽症だったという方も一定の割合ではみられるとのことですので、これから注目されるというところが現状です。